crontab

crontab

設定方法

crontab 書式

crontab [ -u ユーザ名 ] { -l | -r | -e }
オプションの使い方

-u オプション

どのユーザがcrontabを設定するのかを指定。省略した場合はcrontabコマンドを実行したユーザが設定される。

# crontab -u username -l
1 * * * * echo "cron test"

-l オプション

crontab を標準出力へ表示。

$ crontab -l
1 * * * * echo test

-r オプション

crontab を削除。(全ての設定が削除されるので、利用は十分な注意が必要)

-e オプション

環境変数 VISUAL もしくは EDITOR で指定されているエディターを使って、現在の crontab を編集。編集終了後、 変更された crontab は自動的に反映される。

設定書式

設定項目は左から「分」「時」「日」「月」「曜日」となっている。

* * * * * [実行コマンド]

※システム上で設定する「/etc/crontab」「/etc/cron.d/」内の設定ファイルの書き方は、上記の書き方と若干書式が変わる。

設定可能な数値
設定項目 数値
0-59
0-23
1-31
1-12
曜日 0-7 (0または7は日曜日)
0=日、1=月、2=火、3=水、4=木、5=金、6=土、7=日
実行時間指定方法
指定方法 設定例 説明
リスト 0,10,20,30 分フィールド指定した場合は0,10,20,30分に実行。
範囲 1-5 月フィールドで指定した場合、1,2,3,4,5月に処理を実行。
共存 1,6,9-11 時間フィールドで指定した場合、1時、6時、9時、10時、11時に処理を実行。
間隔 */10 分フィールドで指定した場合、10分間隔で処理を実行。
(「/」の後ろに指定した値の間隔で処理を実行)

書式基本設定

設定例

分単位の設定例

設定できる値 0-59

設定例

毎時15分になると実行

15  *  *  *  *

時間単位の設定例

設定できる値 0-23

設定例

毎日AM 4:02 に実行

02  4  *  *  *

日単位の設定

設定できる値 1-31

設定例

毎月10日のAM 6:15 に実行

15  6  10  *  *

月単位の設定

設定できる値 1-12

設定例

7月1日 AM 3:00に実行

00  3  1  7  *

曜日単位の設定

設定可能な値 0-7

各値に対応する曜日
月曜日    1
火曜日    2
水曜日    3
木曜日    4
金曜日    5
土曜日    6
日曜日    7 または 0
設定例

毎週月曜日のAM 10:00に実行

00  10  *  *  1

書式応用設定

間隔設定

「/」の後に実行したい間隔の値を設定することで、その間隔で実行可能。

設定例

10分ごとに実行

*/10  *  *  *  *

3時間ごとに実行

00  0-23/3  *  *  *

リスト設定

「,」で区切ることで、複数の値を設定可能

設定例

毎日AM 4:30とAM 9:30に実行

30  4,9  *  *  *

毎週月、金曜日のAM 3:00に実行

00  3  *  *  1,5

範囲設定

「-」で指定することで、実行範囲を指定可能

設定例

毎日AM 3:00 4:00 5:00 6:00 7:00 9:00 に実行

00  3-9  *  *  *

毎月10日のAM 3:15 4:15 5:15 6:15 に実行

15  3-6  10  *  *

複合

リストや範囲をあわせた記述も設定可能

設定例

AM 1:00 6:00 9:00 10:00 11:00に実行

00  1,6,9-11  *  *  *

設定例

「crontab -e」コマンドでcronの設定実行

$ crontab -e

毎時00分に「/root/script.sh」スクリプトを実行させる設定。

00 * * * * /root/script.sh > /dev/null 2>&1

スポンサーリンク
レクタングル(大)