XSERVERにPuTTYでssh接続

XSERVER

エックスサーバーにPuTTYでssh接続するための手順です。
秘密鍵の変換が必要で一手間かかります。

1) エックスサーバーのサーバーパネルへログインし、「SSH設定」をクリックします。
man_server_ssh_1

2) SSH設定画面が表示されるので「ONにする」ボタンをクリックする。
man_server_ssh_2

3) 再度「SSH設定」をクリックし、「状態」がONになっていることを確認。
man_server_ssh_3

4) 「SSH設定」から「公開鍵認証用鍵ペアの生成」へ進みます。
man_server_ssh_4

5) 公開鍵認証設定画面が表示されたら「パスフレーズ」の入力を行い、
「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確認)」ボタンをクリック。
man_server_ssh_5

6) 確認画面が表示されるので「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確定)」ボタンをクリック。
man_server_ssh_6

7) 「公開鍵認証用の鍵ペア生成処理を実行しました」画面が表示され、
自動的に秘密鍵のダウンロードが始まるので、PC上の任意の場所に保存。
(ファイル名:[サーバーID].key)

8) PuTTYではOpenSSHの秘密鍵をそのまま使えないため、
PuTTYで利用できるように変換する。
まず、PuTTYの本体がインストールされている場所を確認。
puttygen.exe (PuTTY Key Generator)があるので起動する。

PuTTY1

9) 「読込」ボタンを押すとファイル選択ダイアログが表示される。
ファイルの種類を「全てのファイル」にして、7)で作成した
秘密鍵ファイル「[サーバーID].key」を選択。

10) パスフレーズを聞かれるため、5)で入力したパスフレーズを入力。
PuTTY2

11) 8)の画面下部の「生成する鍵の種類」を「SSH-2 RSA」にする
※選択されているのを確認

12) 8)の画面にある 「秘密鍵の保存」ボタンを押して適当な場所へ秘密鍵を保存。
※PuTTY用の秘密鍵は .ppk という拡張子になる

13) PuTTYを起動し、接続設定画面の左カテゴリで
「接続」→「SSH」→「認証」を選択

14) 「認証のためのプライベートキーファイル」の参照ボタンをクリックし、 12)で
作成した.ppkファイルを選択。

PuTTY3
15) あとはいつも通り接続するだけ。
※ポート番号等の変更は必要
接続情報はエックスサーバー公式に記載があるように下記の通り
SSHアカウント情報
サーバー(ホスト名) サーバーID.xsrv.jp(お客様の初期ドメイン)
例:xsample.xsrv.jp
ユーザー名 サーバーID
例:xsample
認証方式 公開鍵認証
※パスワード認証は利用できません。
接続ポート 10022

※ユーザ名は「サーバーID」、パスワードは5) で入力したパスフレーズで接続。
スポンサーリンク
レクタングル(大)